コラム コラム

ホーム > コラム

融通手形はなぜ危険なのか

融通手形とは

通常は商取引においてその代金として振り出されるのが商業手形ですが、商取引を行わずに振り出されるものが融通手形といわれるものです。
銀行などから融資を受けることができず資金繰りに窮した相手に対して振出人が手形を融通してあげることから、融通手形または略して融手(ゆうて)と呼ばれています。

 

融通手形の仕組みとは

資金に余裕のある企業が、資金難の知人に頼まれて融通手形を振り出してあげるような事もあります。しかし多くの場合、資金繰りの厳しい企業同士で互いに手形を振り出しあって、それぞれがその手形を金融機関で換金、または支払先に裏書譲渡をするなどして急場の運転資金を捻出するというケースが大半を占めるでしょう。
手形を振り出しあう企業は2社間とは限らず複数の企業が関わる場合もあり、それは融手グループと称されます。

融通手形に手を出した当初は資金繰りの危機的状況を回避して一息つけたとしても、振り出した手形の支払期日が近づいてくればまた資金繰りに追われることになります。
商取引の実態がない手形なので決済できる資金があるとは限らず、手形を振り出しあった両社が再び新たな融通手形を作り出します。
こうして融通手形を振り出しあう行為から抜け出すことができずに繰り返してしまうことになるのです。
これが麻薬に例えられる融通手形の恐ろしさといえます。

 

融通手形に手を染めた企業の末路

支払期日が近づけば融通手形を互いに振り出すという関係がいつまでも続くわけではありません。
元々資金繰りの厳しい企業同士であり、倒産の危険度は高いといえます。
さらに融通手形は続ければ続けるほど金額が増えていく傾向があります。資金化の際に割引料など経費がかかるので前回の金額を上回るように増額していく必要があるのです。
そのような融通手形を繰り返し金融機関へ持ち込めば、やはり怪しまれて資金化が難しくなり、その情報が広まる可能性もあるでしょう。そうなれば手形を持ち込む先も見つからなくなります。
そうして一方の企業が不渡りを出して倒産すれば、もう一方の相手は自分が振り出した手形の決済資金に加えて、不渡りになった手形の買い戻しのための資金も必要となります。
手形所持人には遡及権があるので、裏書をしている自分が買い戻さなくてはならないのです。
結果、資金不足により連鎖する形で倒産してしまうのです。

 

融通手形の見分け方

このように危険な融通手形を受け取らないようにするには、どのような点に注意をすればよいのか、いくつかのチェックポイントをご説明します。

1. 通常は販売先から仕入先へ振り出されるはずが、逆の流れの手形

2. 振出人と名宛人の業種に隔たりがあり、商流が不自然な手形

3. 事業規模からは考えにくいほど高額な手形

4. 金額に端数がなく、切りのよい数字になっている手形

5. メインバンク以外の手形用紙を使用している場合

6. 支払期日や振出日が普段振り出される手形と違う場合

以上のケースが当てはまりますが、仮に該当しても通常の商業手形である可能性もありますし、逆に融通手形でも商業手形を装っているために非常に見分けるのが困難な場合もあります。
各項目をよくチェックをして複合的に判断していく必要があるでしょう。

page top