コラム コラム

ホーム > コラム

手形割引のメリット

手形とは

手形とは、一定の金額を支払うことを委託または約束した有価証券で、約束手形と為替手形の2種類があります。古い習慣として何かを証明する必要がある証文の場合は手形を押したことからそう呼ばれています。

例として、A社がある商品をB社に対して販売するところを想定することにします。この場合、商品の対価としてB社はA社に対して代金を支払う必要がありますが、その支払い方法として「〇カ月後の△月□日に支払う」という内容の手形(約束手形)を振り出すことがあります。このとき、手形を受け取った側のA社を「受取人」、振り出した側のB社を「振出人」と言います。

手形を振り出す際には、支払金額、支払期日、受取人と振出人名が記入され、捺印されます。通常は数ヶ月後の支払いとなっており、受取人は手形に記載された支払期日まで、手形をきちんと保管しておく必要があります。

ビジネスにおいて利用される手形には、「約束手形」「為替手形」などがありますが、為替手形は、振出人自ら支払うことを約束するのではなく、第三者である引受人に支払いを委託する形式の手形ですが、国内の商取引において一般的に手形という場合は「約束手形」を指すことがほとんどです。

この記事では、手形割引の仕組みと、そのメリットについてご紹介します。

 

手形割引とは

手形割引とは、商取引の際に受け取った手形を、支払期日よりも前に資金化する手続きのことを言います。先の例でいくと、手形を受け取ったA社が手形の支払期日になる前に、銀行などの金融機関や手形割引業者に譲渡することによって現金化できます。

本来であれば支払期日まで待って金融機関に持っていけばもともと受け取る予定だった満額を現金化できるのですが、資金繰りの関係で支払期日前に現金化したいというケースが発生することがあります。その場合、手形に記載されている支払期日前でも手形を現金化することができます。

ただし、その際には支払期日までの手形割引料がかかることになり、その分が差し引かれた現金を受け取ることになります。ですので、手形割引は受け取る現金が多少減ってでも資金を調達したい場合に利用されます。

手形割引をうまく利用すれば、資金繰りが苦しくなった場合にも資金ショートを回避できるほか、急に現金が必要になった時などにも当初の支払期日まで待たずに現金を調達することができます。手形割引の支払期日は数か月先であることが多いため、急きょ現金が必要になった際には有効な手段と言えます。

手形割引の手続きの大まかな手順としては、

①申し込みの手続きをする
②審査を受ける
③契約手続きをする
④現金化

となっています。

割引率は、金融機関だと大体1.5~5.5%、手形割引業者だと3.5~20.0%ほどが相場となっています。また、現金を受け取るまでの期間は、金融機関ではおおよそですが2日~1週間程度と比較的長いのに比べ、手形割引業者は早いところでは即日受け取れるところもあります。

また、金融機関では割引依頼人(上記の例でいうとA社)の信用状況を審査し、担保や保証人が必要となってくることもあります。手形割引業者を利用する場合は、手形の振出人(上記の例でいうとB社)の信用状況を審査することと、基本的には担保を必要としないことも金融機関との大きな違いです。

金融機関と手形割引業者のどちらを利用した方がいいかは、資金調達の緊急度や企業の信用度などによって変わってくるため一概には言えず、状況に応じて選ぶことになるでしょう。

 

手形割引のメリットは?

手形割引の最大のメリットは、資金が必要になった場合に、支払期日まで待つことなく手形を資金化できることです。

手形の支払いは、30日、60日、90日、120日など数か月先になることが多いです。そのため、そこまで待っていると自社の資金繰りが危うくなってしまう時などや急に資金が必要になった場合などには手形割引を利用すると便利です。

金融機関では手形割引ができない場合でも、手形割引業者では審査のポイントが違うので手形を資金化できる場合があります。

さらに、「銀行法」「貸金業法」といった法律で規制されています。そのため、金融機関、手形割引業者ともに、
安心して取引することができることも手形割引のメリットです。

page top