コラム コラム

ホーム > コラム

手形割引業者を大阪で選ぶときに知っておくべきこと

手形を満期日前に換金する手段として、手形割引という方法があります。手形割引は金融機関のほか、全国にある手形割引業者で行うことができます。

金融機関は手形割引の審査が厳しいため、中小企業にはなかなか門戸が開かれていないといわれています。そういった場合に、手形割引業者では、振出人の信用力を中心に審査してくれるため手形の資金化にあたって有力な選択肢となります。

ところで、手形割引業者は全国にあり大阪府にもいくつかありますが、手数料や事業者のカラーは様々なようです。大阪で事業を営まれている方が、手形割引業者を選定するときは、どのように選べばよいでしょうか。

この記事では、手形割引業者を大阪で選ぶときに知っておくべきことについてご説明します。

手形割引業者を大阪で選ぶ際の留意点

 

大阪で手形割引事業者を選ぶメリット

大阪で事業を営まれている方にとっては、やはり大阪の手形取引業者が有力な選択肢となるでしょう。

地元で手形割引業者を探すメリットとしては、実際に手形割引業者のオフィスに出向いて対面で取引が出来る点です。急に現金が必要になった場合、申し込み当日にでも換金を受けることができます。
また、手形割引は信用取引でもありますし、電話やネットだけのやり取りでは不安な面もあるでしょう。場合によっては、知人などから評判のよい手形割引業者の紹介を受けることができるかもしれません。

また、手形割引業者としても、取引をする相手が地元の企業であるほうが、情報が豊富であるため審査がしやすく、早期の取引につながる可能性もあります。
このように、もし地元で相性のよい手形割引業者を探せるのであれば、メリットは大きいでしょう。

 

手形割引事業者を選択するときの着眼点

大阪府内であるか外であるかを問わず、手形割引業者を選ぶにあたっては、どういう情報を知る必要があるでしょうか。

手形割引業の実績が長い

多くの手形割引業者は、経営年数や行政機関からの受賞暦等をホームページに掲載しているので参考にしましょう。長年手形割引業に従事して実績を蓄積している業者は、信用力があるといえるでしょう。手形割引業の成功にかかせない興信所とのネットワークや金融機関との連携も、年数を重ねているほどパイプが太くなっていきます。

 

業者選びには総合的な判断が必要

電子手形やネットバンキングなどインターネットの普及により、遠方の顧客にも手形割引を迅速に行うことが出来る事業者が増えています。遠方の手形割引業者を選ぶと、事務所で直接取引することが難しく、契約書類のやりとりや手形の発送などで手間やコストがかかります。そういったことを踏まえると、地元大阪の割引業者を選ぶメリットがあります。
どちらがよいとは一概にいえませんが、金利、手数料、実績、評判、交通の便、取引までに必要とされる日数などを総合的に比較・検討することが、よい手形割引業者を見つけるための最善の策といえるでしょう。

page top